ここから本文です

FRSが一時S高、17年3月期最終利益の上方修正と11年ぶり復配を好感

3月14日(火)9時53分配信 株経ONLINE

(写真:株経ONLINE)
拡大写真
(写真:株経ONLINE)
現在値
FRS 107 -5
 FRS <9423> が一時ストップ高の162円まで買われ、昨年来高値を更新している。13日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、営業利益を4000万円から4300万円(前期比34.4%増)へ、純利益を4000万円から7800万円(同2.4倍)へ上方修正したことが好感されている。

 最近の業績動向を踏まえたほか、繰延税金資産の回収可能性について検討した結果、回収可能性のある部分について繰延税金資産を計上することとし、法人税等調整額として3400万円を計上することが要因としている。

 また、業績予想の修正に伴い、従来、無配を予定していた期末配当で1円の配当を行うとあわせて発表したことも好材料視されている。3期連続で黒字を計上する見込みとなったことから、06年3月期以来11年ぶりの復配となる予定だ。

最終更新:3月14日(火)9時53分

株経ONLINE

 

情報提供元(外部サイト)

株経ONLINE

株経ONLINE

みんかぶ

市場を知り尽くしたベテラン記者が、
ホットな証券・金融ニュースを中心に
経済の"鼓動"をリアルにお伝えします。

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン