ここから本文です

本日注目すべき【好決算】銘柄 ストライク、大豊建、シーズHD (13日大引け後 発表分)

3月14日(火)7時00分配信 株探ニュース

ストライク <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
ストライク <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
大豊建 532 +2
コーセRE 1,212 +5
シーズHD 4,260 -20
ストライク 4,795 +50
FRS 116 ---
 13日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ストライク <6196> [東証M]  ★上期経常を一転19%増益に上方修正
 ◆17年8月期上期(16年9月-17年2月)の経常利益(非連結)を従来予想の3.6億円→5.9億円に65.0%上方修正。従来の28.1%減益予想から一転して18.6%増益見通しとなった。事業承継ニーズを中心にM&A市場が拡大する中、M&A案件の成立数、単価がともに増加し、売上が計画を23.7%も上回ったことが利益を押し上げた。

 大豊建 <1822>   ★今期経常を一転3%増益・最高益に上方修正、4円増配
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の70億円→95億円に35.7%上方修正。従来の24.0%減益予想から一転して3.2%増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。手持ち工事が順調に進捗する中、工事採算が想定以上に改善することが利益上振れの要因。業績好調に伴い、従来未定としていた期末一括配当は9円(前期は5円)実施する方針とした。予想PERが9.7倍→6.7倍に低下し、割安感が強まった。

 コーセーRE <3246> [東証2]  ★今期経常は24%増で2期連続最高益、実質増配へ
 ◆17年1月期の連結経常利益は前の期比58.3%増の10.9億円に拡大して着地。続く18年1月期も前期比23.6%増の13.5億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期は主力のファミリーマンション販売で手持ち物件の引き渡しを進めるほか、新たに6棟の販売を開始することなどが寄与し、15.4%の大幅増収を見込む。
  業績好調に伴い、前期の年間配当を40円→50円(前の期は25円)に増額。今期は30円とし、1月31日割当の株式分割を考慮した実質配当は20.0%増配とする方針とした。予想PERは12.4倍→9.0倍に低下する一方、配当利回りは3.35%に上昇し、割安感が強まった。

 シーズHD <4924>   ★今期経常を一転4%増益に上方修正、配当も3円増額
 ◆17年7月期の連結経常利益を従来予想の76億円→85億円に11.8%上方修正。従来の7.1%減益予想から一転して3.9%増益見通しとなった。新サイトの公開遅延や海外在庫調整などの影響で売上は計画を下回るものの、上期に「ラボラボブランド」「VC100エッセンスローション」の販売が好調だったうえ、ポイント利用に伴う販売促進費が想定を下回ったことが利益を押し上げる。
  業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の47円→50円(前期は44円)に増額修正した。

 フォーバルR <9423> [JQ]  ★今期最終を95%上方修正、11期ぶり復配へ
 ◆17年3月期の連結最終利益を従来予想の4000万円→7800万円に95.0%上方修正。増益率が25.0%増→2.4倍に拡大する見通しとなった。繰延税金資産の計上に伴い、税金費用が減少することが最終利益を押し上げる。業績上振れに伴い、従来無配としていた期末一括配当を1円実施し、11期ぶりに復配する方針とした。

株探ニュース

最終更新:3月14日(火)7時00分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン