ここから本文です

エニグモ、急反落・・・18年1月期は営業益2割増を予想と伝わるも利益確定売り優勢に

3月9日(木)10時56分配信 サーチナ

エニグモは急反落し、一時128円安(6.56%安)の1822円を付けた。
拡大写真
エニグモは急反落し、一時128円安(6.56%安)の1822円を付けた。
現在値
エニグモ 1,737 +7
 エニグモ <3665> は急反落し、一時128円安(6.56%安)の1822円を付けた。
 
 18年1月期の営業利益予想が20億円程度と前期の見込みから2割増になると9日付日本経済新聞が報道。約8倍の大幅増益を計画した前期から成長率が鈍化するとの見方があり、利益確定売りが優勢となった。また、ほかの事業への投資が増えることから今期も配当を見送る公算が大きいと伝えたことも売り材料になったようだ。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:3月9日(木)10時56分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン