ここから本文です

マザーズ指数は反発、中小型材料株への物色続く、アカツキがストップ高/マザーズ市況

2月20日(月)16時54分配信 フィスコ

[マザーズ市況]

現在値
GNI 454 +7
フィルC 2,036 -60
モブキャス 879 +21
マイネット 3,245 +30
アカツキ 6,190 +200
[マザーズ市況]*16:53JST マザーズ指数は反発、中小型材料株への物色続く、アカツキがストップ高 本日のマザーズ市場は、中小型株への資金流入を背景にしっかりした展開だった。大型株の手控えムードから中小型株に物色が向かいやすい地合いが続いた。マザーズ時価総額上位銘柄は上値が重く、前週上昇の目立った銘柄の一角では利益確定の動きも見られたが、値動きの軽い中小型の材料株に積極的な買いが向かった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1037.76億円。騰落数は、値上がり147銘柄、値下がり78銘柄、変わらず3銘柄となった。 個別では、マザーズ売買代金トップのアカツキ<3932>がストップ高水準まで買われた。一部証券会社による目標株価の大幅引き上げが観測されている。また、イントラスト<7191>もストップ高となり、アライドアーキ<6081>、リファインバス<6531>、GNI<2160>、シンプロメンテ<6086>などは10%を超える大幅高となった。その他売買代金上位では、エボラブルA<6191>、マイネット<3928>、フィルカンパニー<3267>、モブキャス<3664>、WASHハウス<6537>などが上昇した。一方、SOSEI<4565>、アスカネット<2438>、Gunosy<6047>などが軟調で、ミクシィ<2121>は小安い。また、前週買われたエルテス<3967>が利益確定売りに押され、マザーズ下落率トップだった。《HK》
株式会社フィスコ

最終更新:2月20日(月)16時57分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン