ここから本文です

17日の日本国債市場概況:債券先物は149円91銭で終了

2月17日(金)18時21分配信 フィスコ

<円債市場>
長期国債先物2017年3月限
寄付149円93銭 高値149円95銭 安値149円88銭 引け149円91銭
売買高総計13200枚

2年 373回 -0.245%
5年 130回 -0.100%
10年345回 0.085%
20年159回 0.705%

債券先物3月限は、149円93銭で取引を開始。前日に米国債相場が上昇したことや、円高・株安を意識した買いが優勢になり、149円88銭から149円95銭まで上昇した。現物の取引では、2年債、5年債、10年債が買われ、20年債が売られた。

<米国債概況>
2年債は1.20%、10年債は2.43%、30年債は3.04%近辺で推移。
債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.33%、英国債は1.25%、オーストラリア10年債は2.80%、NZ10年債は3.31%で推移。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・18:30 英・1月小売売上高(自動車燃料含む)(前月比予想:+1.0%、12月:-1.9%)
・24:00 米・1月景気先行指数(前月比予想:+0.5%、12月:+0.5%)

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:2月17日(金)18時31分

フィスコ

 

このカテゴリの前後のニュース