ここから本文です

東芝は売り気配スタート、17年3月期は最終赤字3900億円を予想

2月15日(水)9時08分配信 サーチナ

東芝は売り気配スタート。
拡大写真
東芝は売り気配スタート。
現在値
東芝 208.1 +0.8
 東芝 <6502> は売り気配スタート。
 
 14日引け後、17年3月期第3四半期で4999億円の最終赤字になる見通しと発表。昨年(16年)12月末の時点で株主資本は1912億円のマイナスとなり、債務超過になることも明らかにした。また、17年3月期の最終損益予想を1450億円の黒字から3900億円の赤字(前期は4600億円の赤字)に修正。株主資本は1500億円のマイナスになる見通しだが、半導体事業の一部売却などの資本増強策で改善を図る。
 
 東芝は14日に第3四半期の決算を発表する予定だったが、監査法人の監査の中で米原子力子会社ウエスチングハウスによる米原子力建設会社の買収を巡って不適切な対応を指摘する内部通達があったとして発表を延期している。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:2月15日(水)9時08分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン