ここから本文です

引けにかけて上昇、好決算銘柄などの一角には値幅取りの動き/JASDAQ市況

2月8日(水)16時56分配信 フィスコ

引けにかけて上昇、好決算銘柄などの一角には値幅取りの動き

現在値
博展 513 -1
大木ヘルス 807 -6
ウイルプラ 2,325 +210
アエリア 4,175 -195
ケイブ 1,425 -35
JASDAQ平均:2883.11 (+7.95)
出来高:1億2134万株
売買代金:570億円
J-Stock Index:2604.19 (+5.76)


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続伸、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは反発となった。値上がり数は357、値下がり数は230、変わらずは89。JASDAQ平均は前場もみ合いも、後場入り後は引けにかけて上昇していく展開になった。日経平均が引けにかけて上げ幅を広げたほか、好決算銘柄などの一角には積極的な値幅取りの動きが向かった。 個別では、引き続きスマホゲーム「A3!」を期待材料にアエリア<3758>が急伸。ARM<8769>は業績上方修正や増配が好感されて大幅高。DWTI<4576>もオプションライセンス契約締結で連日の急伸。ウイルプラスH<3538>も好業績評価で大幅続伸。ケイブ<3760>、イマジニア<4644>、アストマックス<7162>なども強い動きに。半面、セプテーニHD<4293>は10-12月期の減益決算が嫌気され、博展<2173>は下方修正で失望売り。大木ヘルスHD<3417>、朝日ラバー<5162>、プラザクリエ<7502>などは大幅反落。JASDAQ-TOP20では、メイコー<6787>、クルーズ<2138>、ユビキタス<3858>などがしっかり。一方、セプテーニHDのほか、フェローテック<6890>、インフォコム<4348>などがさえない。
株式会社フィスコ

最終更新:2月8日(水)17時03分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン

市況・概況アクセスランキング