ここから本文です

ご予算20万円、ここから買える上抜け期待のマザーズ銘柄はコレ

1月12日(木)19時41分配信 会社四季報オンライン

東証1部の主力銘柄が調整する中、新興市場はやや有利な展開(撮影:尾形文繁)
拡大写真
東証1部の主力銘柄が調整する中、新興市場はやや有利な展開(撮影:尾形文繁)
現在値
ヨシムラF 2,959 +13
SHIFT 1,267 -11
Sワイヤー 1,722 -8
 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 株式市場では「柳の下のどじょう」は2匹も3匹もいることが珍しくありません。12月12日に「20万円で買える、ここから上抜け期待のマザーズ銘柄はコレ!? ――マザーズの追い上げが始まった」を当欄でご紹介しましたが、実際に東証マザーズ指数はその後上昇。紹介した3銘柄も順調に値上がりしています。

 ・東証マザーズ指数:12/12終値922.04ポイント→1/10終値986.86ポイント

 ・ヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> :12/12終値1531円→1/10終値2161円

 ・SHIFT <3697> :12/12終値1180円→1/10終値1339円 

 ・ソーシャルワイヤー <3929> :12/12終値1223円→1/10終値1341円

 東証マザーズ銘柄の堅調相場はもうしばらく続きそうです。というわけで、2匹目のどじょうを狙って、前回とまったく同じ条件で出遅れの東証マザーズ銘柄を探してみました。

 具体的にはリバウンド相場が期待できそうな東証マザーズ銘柄の中から、ご予算20万円以内で25日移動平均線を抜けてきた出遅れ東証マザーズ銘柄を、下記のスクリーニング条件で検索してみました。

 <スクリーニング条件>
1.東証マザーズ上場銘柄
2.最低投資金額が20万円以下
3.5日移動平均線乖離率が0%以上
4.25日移動平均線乖離率は0%以上5%未満

 この条件で1月11日の前場終値基準で検索すると、47銘柄が抽出されました。
 この47銘柄の中から、相場の福の神が特選した3銘柄をご紹介いたしましょう。

■ ラクス(3923)

 本社は東京ですが、本店を大阪市北区梅田に置く大阪発祥企業。クラウド方式で中小企業向けにシステムを提供するクラウド事業と、ITエンジニアを派遣するIT人材事業が二本柱となっています。企業理念は「IT技術で中小企業を強くします! すぐ便利、ずっと満足」。クラウドを使って提供することによって、中小企業が安価にさまざまなIT技術を活用できるようにしています。

 現在の主力サービスは、メール共有・管理ツールの「メールディーラー」です。市場シェアは約70%と圧倒的なトップシェアです。そのほか、高速メール配信ツール「配配メール」や、簡単導入・簡単運用のWebデータベース「働くDB」などを提供しています。

 このビジネスの特徴は、ストック型ビジネスで安定している点です。クラウドで安価に提供しているため解約率が低く、契約社数の積み上がりが安定的な成長の源泉となっています。また、一度サービスを導入してもらった中小の企業に対し、別のサービスを売り込むクロスセルによって売上高を増加させています。

 現在、注力しているのが「楽々精算」です。月額3万円からの低価格で、交通費・経費精算が簡単にネットでできるサービスです。少子高齢化で人手不足が深刻化している中小企業にとっては、交通費や経費精算のむだな時間や人手を節約できるため大人気となっています。まずは早期に5000社の導入、今期中には月間の新規導入100社を目指しています。首都圏でのテレビCMによる認知度の向上も追い風となっています。

 ■株式データ
株価1,322円
単元株数 100株
予想PER(連)49.14倍
実績PBR(連) 12.09倍
予想配当利回り 0.23%
時価総額 302億円

■ あんしん保証(7183)

 東京都中央区京橋に本社がある賃貸住宅の家賃保証を行っている企業です。カード会社との提携により、家賃全額を事前立て替えして、家主に支払います。家主は毎月確実に家賃が振り込まれ、入居者には家賃決済に応じてポイントが付与されます。カード会社は、毎月家賃の決済が行われるので休眠顧客にならない新規顧客が獲得できます。家主・入居者・カード会社の3者にとって大きなメリットがあるのです。

 入居時の初回保証料、更新時の更新手数料は、そのたびごとの安定しないフローの収益ですが、入居者の家賃等の引き落としを毎月実施することで月額保証料も徴収しており、約17万戸の保証会員から毎月安定的にもらえるストック型収益です。今後安定的な高成長が期待できそうです。

 ■株式データ
株価696円
単元株数 100株
予想PER(連)45.79倍
実績PBR(連) 6.81倍
予想配当利回り 0.53%
時価総額 127億円
■ 鎌倉新書(6184)

 東京都中央区八重洲に本社がある葬儀、仏壇、お墓のポータルサイトを運営する企業です。『月刊仏事』の専門書を発行する出版会社が祖業で、Webサービスのポータルサイトを運営しています。全国の関連業者と取引し、紹介手数料と広告収入が収入源。広告は成功報酬型で、紹介客数に応じて広告料がもらえる仕組みです。全国展開で葬儀、仏壇、お墓のポータルサイトを運営しているオンリーワン企業なので、安定的な成長が期待できそうです。

 ■株式データ
株価1,012円
単元株数 100株
予想PER(連)44.78倍
実績PBR(連) 11.2倍
予想配当利回り 無配
時価総額 85億円

 *株価データは1月11日前場終値ベース。予想配当は、東洋経済新報社予想。

 藤本誠之(ふじもと・のぶゆき)/SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。愛称は「相場の福の神」。ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド、阪神タイガースファン。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
藤本 誠之

最終更新:1月17日(火)15時41分

会社四季報オンライン

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン