ここから本文です

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家キムさん:優待新設のバロックジャパンリミテッド考察

1月4日(水)9時47分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
バロックJ 979 -1
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家キムさん(ブログ「IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年12月30日13時に執筆

バロックジャパンリミテッド<3548>が11月1日に上場しました。
事業内容は、女性向けの衣料品及び服飾雑貨の企画及び販売を行う製造小売業となります。
東証1部直接上場となり、吸収金額や株数が多い案件だったため公開価格割れを起こした銘柄です。公開価格2,000円に対し、初値は1,900円(騰落率-5%)でした。
その後株価は12月15日に付けた1,198円を底に推移し、反転する機会を窺っているように思います。

12月15日に株主優待制度が発表されるも、株価の動きは鈍い状態が続いていますが、1月末と7月末の年2回優待となり、残り1ヶ月弱の保有で株主優待を取得できます。


【対象となる株主】
毎年1月31日時点及び7月31日時点での株主名簿に記録された1単元(100株)以上保有の株主

【優待の内容】
1単元(100株)以上保有の全ての株主に、同社の店舗及び通販サイト「SHEL’TTERWEBSTORE」で利用できる2,000円分のクーポンを1枚、半年に1回贈呈する予定


また、2017年1月期末には1株あたり10円の上場記念配当を実施することも発表しています。平成30年1月期以降は配当性向30%~40%の安定配当を実施する方針とのことです。

今回この銘柄を取り上げた理由は、IPOに当選したことにより監視対象銘柄にしていたため、優待新設を知って株価が底入れしたと思うタイミングで打診買いしてみたことです。
現在のところ株価は買値よりもやや高く推移していますが、優待や今後の配当を考えると長期保有スタンスであれば利益が出ると考えたためです。
年間優待利回りは株価1,267円算出で約3.2%となり、悪くありません。

東証1部直接上場の場合、株価が下げ続けることは珍しいため、今後の展開に期待したいと思います。

----

執筆者名:キムさん
ブログ名:IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記
《HK》
株式会社フィスコ

最終更新:1月4日(水)9時51分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

証券口座比較

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン