ここから本文です

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家スマイルマン:年内は大型株主導で新興は厳しい展開か?

12月15日(木)18時01分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
野村 日経レバレETF 16,540 +150
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年12月09日17時に執筆

株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンと言います。

米大統領選後から大型株への資金シフトが鮮明となっており、新興市場は一部の銘柄を除き厳しい展開が続いています。

新興市場では物色される銘柄を当てれば短期急騰が掴めますが、外国人投資家が大型株を買い漁っていることを見ても、今は大型株を買いにいく方が勝てる可能性は圧倒的に高く、パフォーマンスは良くなりやすいと思います。

米FOMC(連邦公開市場委員会)がこの流れの期限なのではないかとみていましたが、年内はこの構図が続く可能性が高いのではないかと最近思い始めました。

理由はこれだけ上昇してもまだ下目線の投資家が多いと感じているからです。市場参加者が全員強気になった時が天井となりやすく、そういった意味ではまだまだ天井は先なのかなと。

また、ツイッター等を見ていると弱気に見ている人がそれなりにいて、このバブル相場に乗れていない個人投資家が多いと感じてます。まぁそういう私もまったくこのバブル相場に乗れていないです。ブログ読んでいる方はご存知だと思いますが…

今はネガティブなニュースが出てもお構いなしに買いが入り上げていきます。この流れが何をきっかけに反転するかは分かりませんが、今は素直について行くのがベストなのではないでしょうか。

私も当初は年末には大型株が下げ、新興市場に大きく資金が向かっていくとみていましたが、年内はこの流れが続くのではないかと最近思い、ポジションを動かしました。

大型株のチャートはどれも強烈な上げを見せていて、なかなかここから買いにくいとは思います。ただ、「だから上がるんだ」と思います。

何を買ったらいいかわからなければ、日経レバ<1570>のような指数連動型ETFを持つのがいいかと思います。

トランプ氏が米大統領選で勝利して、今相場では

「今まで弱かったものが強く、今まで強かったものが弱く」

といった動きが顕著に出ています。

それはメガバンクや証券株の日足チャートを見て頂ければ分かると思います。

リターンリバーサルと証券用語では言いますが、この流れが大統領選後から継続しています。

アメリカでアベノミクスのような大相場が起きる可能性も否定できずその期待から外国人が兆単位のお金を業績改善期待の高い日本市場に向けて来ているのかもしれません。

相場は上下するものですし、資金も循環するものですので、もちろん新興市場がこのまま駄目な状況が続くとは思っていません。しかし、今はパフォーマンスを上げるには新興市場銘柄よりも大型株の方が手っ取り早いというのは間違いなさそうです。

また以前も書きましたが、勝てる時だけ相場に参加するのが一番だと思いますので、ここからの参戦が怖ければ無理して参加する必要もないでしょう。

異常とも呼べるこの上昇相場は、もしかしたら今大きな相場の転換点にあることを示しているかも知れません。その点は頭に入れておいた方がいいのかも知れません。


----

執筆者名:スマイルマン
ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記
《HK》
株式会社フィスコ

最終更新:12月15日(木)18時05分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

証券口座比較

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン