ここから本文です

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株ファイター:カジノ関連銘柄に大きな波が到来か?

11月9日(水)10時34分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
テクファH 1,202 -15
日金銭 1,132 -1
オーイズミ 560 +4
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株ファイター」氏(ブログ「株ファイターの株報道」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

2016年11月6日9時に執筆

11月4日に衆院特別委員会で環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案が与党などの賛成を受けて可決されたとの報道があった。
この報道を受けてカジノ関連銘柄に注目が集まることが予想できる。

では何故、TPPに参加することでカジノ関連銘柄に注目が集まるのか。
TPPには越境サービス貿易という分野があるが、この分野に関する米国等との交渉過程ではカジノビジネスも俎上に載ったと報じられている。
つまり、TPPへの参加が決まればカジノ解禁に大きくつながる可能性があり、その結果カジノ関連銘柄が注目されることとなる。

カジノ運営が可能となった場合の経済効果は、大和総研の試算だと2.1兆円と言われている。
だが、国内におけるギャンブルの売上げはピーク時で約30兆円あった。このことを考えればもっと経済効果が膨れ上がる可能性がある。

そんな気になるカジノ関連銘柄だが、すでにスロットやパチンコを経営している企業やそれに関わっている企業が注目を集めている。

カジノ関連銘柄

<6418>日本金銭機械
日本金銭機械は、アミューズメント施設向けの貨幣処理技術に強く、カジノが建設された際に貨幣処理機器などをこの企業が設置する可能性が高い。また、カジノ関連の話題が出た際に株価が上昇するなどの現象も起こっている。

<6428>オーイズミ
オーイズミは、パチスロのメダルを数える計数器の大手企業で、他にもパチスロ本体を手掛けていることからカジノにピッタリの企業だ。そのため、カジノ関連の話題が上がった際に、2日連続ストップ高を記録するなどしている。

<3625>テックファームホールディングス
テックファームホールディングスもカジノ関連の話題で株価が上がった企業だ。
カジノ施設向け電子決済ソリューションの開発をしており、注目度の高さが窺える。

一言
TPPに関しては、アメリカ大統領候補のヒラリー・クリントン氏、ドナルド・トランプ氏が反対しているため、もし参加をするのであれば、新大統領が就任する来年1月までに参加しておきたいところだ。

さらに詳しくカジノ関連銘柄について知りたいなら、【株ファイターの株報道】と検索してもらえればアンテナをビンビン張っている株ファイターの情報がいつでも観覧できるぜ。

話題のテーマ株であるIoT関連、人工知能関連、フィンテック関連、ドローン関連、自動運転関連、TPP関連、バラスト水処理関連や個人的に注目しているリニア新幹線関連、ロボット関連、リチウムイオン電池関連、ZMP関連などの情報を無料で公開しているから、興味があったら【株ファイターの株報道】と検索してみてくれ。

----

執筆者名:株ファイター
ブログ名:株ファイターの株報道
《HK》
株式会社フィスコ

最終更新:11月9日(水)10時37分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

証券口座比較

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン