ここから本文です

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ぶせな氏:メンタルの弱さか欲の強さか

10月11日(火)14時04分配信 フィスコ

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ぶせな氏(ブログ「FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」ブログ」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
----
※2016年10月9日21時に執筆

相場では、メンタルが重要といわれますが、メンタルを鍛えることはできるでしょうか。答えはNOでしょう。メンタルとは人の性格であり、性格を変える事はできません。メンタルを保つとは、欲のコントロールであり、欲があるからメンタルが崩れることになります。
欲が強いから悪い、弱いから良いというわけではなく、それをコントロールできるかどうかが重要です。欲の強さは関係ないでしょう。

トレードで利益を得たいのは当然ですが、私は相場と関わって初めて自分の欲を知った部分もあります。欲を満たすというより、素直に相場で勝つという楽しみを持つと良いのではないかと思います。

予測が正しければ嬉しいですし、予測と逆になれば復習をしっかり行なう。学べるから頑張れるのであり、楽しむ事で欲を満たせれば、それが一番利益につながるのではないかと思います。これくらい余裕のあるトレードができれば、メンタルはかなり有利に働くはずです。

トレードは誰もが平等ですが、メンタルは大きな違いです。その意味で、スタート地点ですでに大きな差が出ているでしょう。どんなに焦ろうが、常に冷静でいようが、これから訪れる相場の時間だけは同じです。焦燥感や切迫感を持ったままマーケットと関わっても、どんなに時間を費やしても身につかないはずです。しかし、焦らずに、良いメンタルを保ったまま毎日マーケットを見ていれば、間違いなく上手になるでしょう。

執筆者名:ぶせな
ブログ名:FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」ブログ

《MT》
株式会社フィスコ

最終更新:10月11日(火)14時10分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン