ここから本文です

NY時間に伝わった発言・ニュース

6月16日(木)6時20分配信 KlugFXニュース

※経済指標
【米国】
MBA住宅ローン申請指数(10日までの週)20:00
結果 -2.4%
予想 N/A 前回 9.3%(前週比)

生産者物価指数(5月)21:30
結果 0.4%
予想 0.3% 前回 0.2%(前月比)
結果 -0.1%
予想 -0.1% 前回 0.0%(前年比)
結果 0.3%
予想 0.1% 前回 0.1%(食品エネルギー除くコア・前月比)
結果 1.2%
予想 1.0% 前回 0.9%(食品エネルギー除くコア・前年比)

NY連銀製造業景況指数(6月)21:30
結果 6.01
予想 -4.90 前回 -9.02

鉱工業生産(5月)22:15
結果 -0.4%
予想 -0.2% 前回 0.6%(0.7%から修正)(前月比)

設備稼働率(5月)22:15
結果 74.9%
予想 75.2% 前回 75.3%(75.4%から修正)

FOMC政策金利 16日3:00
結果 0.25%~0.50%
予想 0.25%~0.50% 現行 0.25%~0.50%

対米証券投資(4月)16日5:00
結果 -796億ドル
予想 N/A 前回 781億ドル

※発言・イベント
FOMC声明
・雇用の改善ペースは鈍化。
・経済活動は上向いたようだ。
・家計支出は強まった。
・企業の設備投資は弱い。
・インフレ期待は低下した。
・物価、世界経済と金融の動きを引き続き監視。
・全会一致。

FOMC経済見通し 
()は3月時点 
実質GDP 
16年 2.0%増(2.2%増)
17年 2.0%増(2.1%増)
18年 2.0%増(2.0%増)
長期 2.0%増(2.0%増)

失業率 
16年 4.7%(4.7%)
17年 4.6%(4.6%)
18年 4.6%(4.5%)
長期 4.8%(4.8%)

PCE   
16年 1.4%(1.2%) 
17年 1.9%(1.9%)
18年 2.0%(2.0%)
長期 2.0%(2.0%)

PCEコア 
16年 1.7%(1.6%) 
17年 1.9%(1.8%)
18年 2.0%(2.0%)


FOMCメンバーによる2016年の金利見通し(ドットチャート)
0.625% 6人(1人)
0.875% 9人(9人)
1.125% 1人(3人)
1.375% 1人(4人)
()は前回3月時点

中央値は0.875%と前回と変わらず。

イエレンFRB議長
・最近の指標はまちまち。
・慎重なアプローチが適切。
・一部経済の減速予期せず。
・労働市場の改善ペースは直近で著しく減速した
・賃金の伸びは加速の兆候。
・失業率が改善の一方で、求職者が減少。
・1、2カ月の統計に過剰反応するべきではない。
・FOMCで英国民投票を討議。
・この日の決定は英国民投票を考慮した。
・英国民投票は世界経済と金融状況に打撃与えかねない。
・世界経済に脆弱さ残る。
・投資家のリスク志向は突如変わることがある。
・経済への向かい風、しばらく続く可能性も。
・金利調整の可能性はどの会合でもある。
・雇用改善の継続を予想。
・経済改善の基調は損なわれていない。
・適切であれば今後数ヵ月以内に行動する。
・最大雇用に達するのに伴い、雇用の伸びは減速する公算。

バイトマン独連銀総裁
・物価下落の危険な兆候はみられていない。
・緩和策の効果を見るには時間が必要。
・しばらく緩和策が必要
・為替は政策の手段であってはならない。

最終更新:6月16日(木)6時20分

KlugFXニュース

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン