ここから本文です

東京為替:ユーロ・ドルは買戻し継続、ECBの早期利上げ期待で

3月21日(火)14時10分配信 フィスコ

ユーロ・ドルは1.0750ドル台でもみあう展開。今月9日に開かれた欧州中銀(ECB)理事会でハト派寄りのトーンが後退し、早期利上げ観測からユーロの買戻し基調が続いているようだ。ただ、ある短期筋は「あくまで行き過ぎたユーロ安が戻りつつあるだけで、上昇トレンドとは言えない」と指摘する。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円27銭から112円79銭、ユーロ・円は120円66銭から121円39銭、ユーロ・ドルは1.0719ドルから1.0768ドルで推移した。

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:3月21日(火)15時11分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン