ここから本文です

時間外取引でNY原油先物は48.35ドル近辺で推移

3月21日(火)13時14分配信 フィスコ

20日のNY原油先物は反落。先週17日に発表された米国内の石油掘削装置の稼働数増加を受けて、米国の供給増加懸念が強まったことが要因。21日の時間外取引では48.42ドルまで買われており、48.35ドル近辺で推移している。《MK》 [ 記事全文(VIP倶楽部でログイン) ]

最終更新:3月21日(火)13時14分

フィスコ

 

プロが選ぶチャンス銘柄(株価予想)

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン