ここから本文です

米国株式市場:手掛かり材料難のなか、NYダウ3日続落、ナスダックは小幅に4日続伸

3月21日(火)7時56分配信 モーニングスター

 20日の米国株式は、NYダウが前週末比8.76ドル安の2万905.86ドルと3日続落した。ナスダック総合指数は同0.533ポイント高の5901.529ポイントと小幅に4日続伸し、一時1日に付けた取引時間中の史上最高値(5911.794ポイント)を上回る5915.120ポイントまで上昇する場面がみられた。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億5200万株、ナスダック市場が17億9583万株だった。

 主要な経済指標の発表がなく、手掛かり材料難のなか、方向感の乏しい展開。米10年国債の利回りが低下(価格は上昇)したことから、金融株が軟調だった。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、時価総額の大きいアップルやマイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなどが買われた。

 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、前週末17日の大阪取引所終値比80円安の1万9270円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月21日(火)7時56分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン