ここから本文です

日本紙が反発、「セルロースナノファイバーを20年までに黒字化」

3月21日(火)10時41分配信 株探ニュース

日本紙 <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
日本紙 <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
王子HLD 549 +21
日本紙 2,150 +77
中越パ 242 +7
大王紙 1,456 +15
 日本製紙 <3863> が全般軟調相場のなか反発している。化学工業日報が21日付で「日本製紙は事業化を進めているセルロースナノファイバー(CNF)について、2020年までに年間売上高を数十億円に拡大し、黒字化する見通しを明らかにした」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「新たにペット関連や介護用品などの市場向けにCNFを用いた消臭シートを提案。添加すると塗膜強度が高まる点を売りに、水性塗料では年内の実用化にめどをつける」という。セルロースナノファイバーの収益化にメドが付いたことを好感する買いが向かった。

株探ニュース

日本紙とよく比較される銘柄:王子HD <3861> 、大王紙 <3880> 、中越パ <3877>

最終更新:3月21日(火)10時41分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン