ここから本文です

20日の要人発言=シカゴ連銀総裁「4回の利上げの可能性」

3月21日(火)9時35分配信 トレーダーズ・ウェブ

ワイトマン独連銀総裁
「主要国中心にインフレが上昇、デフレ懸念が後退」
「先行き不透明感が強くなっているが、世界経済は堅調」
「世界成長見押しはG20の期待よりは弱い」
「現況は、拡張的な金融政策が適切であることを示している」

メルケル独首相
「3月29日が、英国がEUの離脱を宣言する日になる」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「年内利上げ3回、あるいは2回、インフレ率が加速して、さらに上向きの状況となれば4回もありうる」
「適切な利上げ回数は3回程度と考える」
「米財政政策の詳細は依然として不透明」
「現状の不透明感は依然として強い」
「海外の成長は以前より改善」
「インフレ率は2018年には2%に上昇へ」
「米国は極めて完全雇用に近い」
「投資の拡大の低さは、成長トレンドの低さを反映したもの」
「さらなる不透明感の高まりを予想」
「強いドルは低インフレを持続させてきた」
「トランプ政権の政策や物価動向、6月には検証が可能になる」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「バランスシート調整のついての議論は行われている」
「再投資停止を行う前に1%の利上げ、あるいは1.5%程度の利上げを行いたい」
「インフレは多少オーバーシュートするだろう」
「さらなる3回以上の年内利上げ実行を排除しない」

中国当局筋
「米政権による最悪の政策に備えて対応策を準備」

コミーFBI長官
「トランプ氏への盗聴を裏付ける証拠なし」

ロジャーズ米NSA(国家安全保障局)局長
「ハッカーは2016年の選挙期間中に民主党陣営から情報を入手、共和党から情報を盗んだとの証拠はない」

OPEC(石油輸出国機構)筋
「下半期も減産することを支持するが、非OPEC各国協力が必要」

ダイセルブルーム・ユーログループ議長
「ギリシャと債権団の協議、ブリュッセルにて継続中」
山下

最終更新:3月21日(火)9時35分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)



IPO情報なら、無料でもご利用いただける
株式情報サイト『トレー ダーズ・ウェブ』がお勧め!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン