ここから本文です

今週の為替相場見通し(2017年3月20日~)=為替王

3月21日(火)12時36分配信 サーチナ

「112円台~111円台へ円高が拡大する」。先週ブログでこう予想しました通り、とりあえず先週末は1ドル=112円台まで円高が進行しています。(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
「112円台~111円台へ円高が拡大する」。先週ブログでこう予想しました通り、とりあえず先週末は1ドル=112円台まで円高が進行しています。(イメージ写真提供:123RF)
「112円台~111円台へ円高が拡大する」。先週ブログでこう予想しました通り、とりあえず先週末は1ドル=112円台まで円高が進行しています。さて、今週の見通しについてですが、ひとまず円高第1ターゲット(112円台)に到達しましたが、もう少し大きく見れば、第2ターゲット111円台へと円高が拡大する可能性は今なお抱えた状態と判断しています。逆に、上方向(円安方向)へ反発する場合は、113円台後半あたりが抵抗帯として作用する(=そのあたりで円安の動きが止められやすい)と考えてよいかと思います。
ユーロ円は、長期展望で、売りトレードを持続している方もおられると思います。短期的には、今月、上向きにトレンドが転換しましたが、次のように予想してきました。「引き続き、目先は123円近くや、昨年12月以降に形成されていたレンジの上限あたりがメドになりやすいと思います」。今月のユーロ円の急上昇の動きにちょっとヒヤヒヤしましたが、とりあえず、目先の節目(123円手前)で上昇の動きが止まって、ホッとしましたね。今週以降は、1ユーロ=120円台の攻防が注目されることになると考えます(120円を割れると再び、大きく崩れるシナリオも)。
ポンド円は、140円台にある節目を超えてくると、ちょっと上向きの流れが拡大しやすいのですが、なかなか超えられません。逆に下方向は139円に節目があり、そろそろ、昨年12月以降の三角持ち合いが、大きく放たれる展開に移行する時期が近づいているのではないかと思います。(執筆者:為替王)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:3月21日(火)12時36分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン