ここから本文です

マザーズ指数反落、3連休前で手掛けづらく売り優勢=新興市場・17日

3月17日(金)15時08分配信 モーニングスター

現在値
夢真HLD 839 -55
アスコット 484 -22
ほぼ日 4,320 -95
アエリア 4,100 -445
マイネット 2,835 -98
 マザーズ指数が反落。3連休前で積極的な売買が控えられるなか、新興市場も主力級銘柄に売りが出た。主軸のそーせいグループ <4565> が大きく下落し、アカツキ <3932> やジャパンインベストメントアドバイザー <7172> 、マイネット <3928> なども安い。新規上場のビーグリー <3981> は穏健発進後に買われた。ジャスダックではアエリア <3758> や夢真ホールディングス <2362> が上昇もアスコット <3264> やニューフレアテクノロジー <6256> が下落。上場2日目、ほぼ日 <3560> は売り先行。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月17日(金)15時08分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン