ここから本文です

<話題>オランダ総選挙、極右PVVの結果が焦点―独仏選挙への思惑浮上は注意

3月11日(土)8時25分配信 モーニングスター

現在値
コニカミノ 1,013 -20
板硝子 797 -14
ホソミクロ 866 -5
マキタ 7,690 -40
EIZO 3,270 -50
 3月15日にオランダ下院総選挙(定員150)が行われる。欧州ではフランスの大統領選(4月23日、上位2候補が5月7日に決選投票)と6月の国民議会選、さらに秋のドイツ総選挙、イタリア総選挙(17年前半?)が注目を集めるが、極右的とされる政党の躍進が続く欧州だけに前哨戦としてのオランダ総選挙に対する関心は高い。

<極右PVV失速で行方は混沌>

 オランダでは12年に行われた前回総選挙でマルク・ルッテ首相を首班とする自由民主国民党(VVD)と労働党(PvdA)の連立政権による第2次ルッテ内閣が成立した。ただ、その後は緊縮財政路線が国民の反感を食らい支持率は低迷。イスラム系移民排斥、EU(欧州連合)離脱を主張しマスコミから極右的とされているヘルト・ウィルダース党首率いる自由党(PVV)が人気を集め、昨年から勝利は決定的との見方が強かった。

 世論調査で支持率1位を走ってきたPVVが足元で急速に人気を落とし、調査によってはルッテ首相の出身母体VVDに抜かれている。これまで第1党になるPVVの勝ち方と連立を含めた組閣が問題とされてきたが、PVVは第1党すら危うい状況となってきた。PVV失速の背景としてSMBC日興証券は8日付リポートで、英国のEU(欧州連合)離脱通告期限が3月末に迫り大企業の独・仏・アイルランドなどへの本社移転をはじめさまざまな問題が浮上していることに加え、米国のトランプ新政権の混乱ぶりが日々伝わってきたことでオランダの世論にも影響を与えたとする。

 PVVが参画しない第3次ルッテ政権になるのではないかとの見方が投票を直前にして強くなってきた。ウィルダース党首はBrexit(英国のEU離脱)や保護主義的政策を打ち出すトランプ氏の米大統領選出を称賛している。PVVが勝利した場合、Nexit(オランダのEU離脱)の懸念があり、国民が警戒心を高めてきたといえそうだ。

 もっともPVVは失速しているが、昨年からポリティカル・コレクトネス(政治的公正さ)という言葉が流行しているように過激な主張を行う政党は表立って支持しない傾向が強い。米大統領選がそうだったように「隠れウィルダース(PVV)派」は存在しそう。欧州で極右的な政党が台頭しているのは各国共通事項。欧州政治イベントの先頭を切るだけに、結果は独仏の選挙に影響を与えかねない。

<欧州の主要株価指数は政治リスク意に介さず>

 実は昨年から欧州で躍進する極右的政党が躍進しているが、株価は特段の反応を示していない。オランダの代表的株価指数アムステルダムAEX指数は16年2月以降、上昇が続き500の大台を奪回。オランダ国債のリスク・スプレッド拡大も限定的だ。これはフランスの極右・国民戦線(FN)、ドイツの「ドイツのための選択肢(AfD)」が人気を集めるにもかかわらず底堅い推移となっている仏CAC40指数、独DAX指数にも同じことがいえる。

 これはEUを離脱しても経済にそれほど影響がないと見ているのか、英国に続くような事態にはならないとの見方なのか良く分からないが、今回は後者といえるのではないか。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の1日付リポートによると、オランダでは国民請願によってEU関係の国民投票を実施できる制度は始まったが、新規条約や法が対象で既決定事項であるユーロ参加の是非を問うことはこの法律ではできない。そもそもPVVの人気は高いが多くの国民はEU残留を望む。PVV支持=EU離脱支持というわけではなく、PVV勝利でもオランダに関してはそれほど心配する必要はないだろう。

 一方でPVVが躍進した場合、仏FN、独AfDが勢いづくのは間違いなく、欧州全体に対する影響は小さくない。EUを支える独仏の離脱はEUと通貨ユーロの終焉を意味するため結果次第で思惑が浮上し、リスクオフが進むことはあり得る。PVVが伸び悩んだときのリスクオンよりリスクオフを警戒したいところで、欧州比率の高い銘柄や欧州関連のETF(上場投資信託)には注意したい。

▽欧州比率の高い主な銘柄
 アーク <7873> 、SHOEI <7839> 、マキタ <6586> 、シマノ <7309> 、板硝子 <5202> 、ホソミクロン <6277> 、ローランドD <6789> 、EIZO <6737> 、オプテクスG <6914> 、コニカミノルタ <4902> 、日立工 <6581> 、キヤノン <7751> 、アシックス <7936> など

▽ETF
 ユーロ圏50 <1385> 、UBS欧州株 <1386> 、UBS通貨株 <1387> 、UBS通貨小型 <1388>

提供:モーニングスター社

最終更新:3月11日(土)8時25分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン