ここから本文です

<話題>東日本大震災や熊本地震など教訓に南海トラフへ備え

3月10日(金)17時13分配信 モーニングスター

現在値
SボンドH 4,950 -15
大成建 834 +5
大林組 1,065 -2
清水建 1,012 -14
鹿島 743 -10
 東日本大震災の発生から6年が経つ。福島県では2月に避難者数が8万人を下回った。記録上で最多だった12年5月の約16万5000人から半減したことになる。住環境の整備が進んできたことが背景にあるという。一方、行方不明者の捜索が続き、福島第一原発では廃炉に向けた作業が進められている。

 福島では今でも震度5以上の東日本大震災の余震とみられる強い揺れが頻繁に発生している。東日本だけでなく、いまから1年前には熊本地震が発生しており、日本が地震大国で万が一のときの備えが必要な国であることを改めて実感させられる。

 特に警戒されているのが「南海トラフ巨大地震」と呼ばれるもので、規模はマグニチュード8-9クラス。30年以内の発生確率は70%程度とされる。昨年の調査では地震を引き起こす「ひずみ」が広範囲にわたって確認されており、いつ起きても不思議ではないとの見方があるだけに、備えは万全にしておきたい。

<主な防災関連銘柄>

・耐震工事など
 ショーボンド <1414> 、大成建設 <1801> 、大林組 <1802> 、
 清水建設 <1803> 、奥村組 <1833> 、鹿島 <1812> 、
 ライト工業 <1926> 、協エクシオ <1951> 、ニッタ <5186> 、
 KFC <3420> 、技研製 <6289> 、日基礎 <1914> など

・消波ブロック
 不動テトラ <1813> 、技研興業 <9764> 、日建工学 <9767> など

・地質調査
 地盤ネットHD <6072> 、川崎地質 <4673> 、応用地質 <9755> など

・その他
 防災マップのゼンリン <9474> やパスコ <9232> 、
 支援ロボットのCYBERDYNE <7779> や菊池製作所 <3444> 、
 防災用発電機の郷鉄工 <6397> 、
 マグネシウム電池の倉元 <5216> 、
 避難情報のサイバネット <4312>

提供:モーニングスター社

最終更新:3月10日(金)17時13分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン