ここから本文です

FDK、急伸・・・全固体リチウムイオン電池用に高エネルギー密度有する正極材料を開発

2月28日(火)9時30分配信 サーチナ

FDKは3営業日ぶりに反発し、一時37円高(31.09%高)の156円と急伸。16年7月25日の昨年来高値158円に接近した。
拡大写真
FDKは3営業日ぶりに反発し、一時37円高(31.09%高)の156円と急伸。16年7月25日の昨年来高値158円に接近した。
現在値
FDK 125 ---
 FDK <6955> は3営業日ぶりに反発し、一時37円高(31.09%高)の156円と急伸。16年7月25日の昨年来高値158円に接近した。
 
 27日、富士通研究所と共同で全固体リチウムイオン電池用の正極材料を開発したと発表した。既存のリチウムイオン電池の正極材料に比べて約1.5倍のエネルギー密度を有しており、全固体電池に採用すれば約2倍のエネルギー密度で動作する能力を持つことがあるという。
 
 今後さらなる能力の引き上げを図るとともに、IoT(モノのインターネット)、ウエアラブル、モバイルなどの機器で小型かつ安全性の高い全固体電池として早期に市場投入できるよう開発を進めるとした。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:2月28日(火)9時32分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン