ここから本文です

日経平均テクニカル:煮詰まる、明日にも上方シグナルが発生

2月20日(月)18時21分配信 フィスコ

小反発。19200円を下回って始まったが、25日線が支持線として機能している。ただ、戻りも鈍く、5日線に上値を抑えられる格好となり、狭いレンジ内での推移だった。一目均衡表では基準線、雲上限、転換線などが支持線として意識されている。遅行スパンについては実線を挟んでの推移となり、シグナルは好転していない。ただし、今週は実線が19000円を下回ってくるため、現在の水準をキープすることにより、早ければ明日にも実線を上回る格好での、上方シグナルが発生する。週間形状では13週線が支持線として機能している。上値は抑えられているが、13週線によって下値を切り上げており、煮詰まり感が台頭している。《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:2月20日(月)18時23分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン