ここから本文です

[ベトナム株]中銀通達、債務借り替え融資を3月15日から禁止

2月17日(金)18時42分配信 サーチナ

2016年12月30日付けベトナム国家銀行(中央銀行)通達第39号/2016/TT-NHNN(3月15日施行)では、企業向けの債務借り替え融資に関し、元の債務が当該銀行からの融資によるものか、他行からの融資によるものかを問わず、禁止すると規定している。
拡大写真
2016年12月30日付けベトナム国家銀行(中央銀行)通達第39号/2016/TT-NHNN(3月15日施行)では、企業向けの債務借り替え融資に関し、元の債務が当該銀行からの融資によるものか、他行からの融資によるものかを問わず、禁止すると規定している。
  2016年12月30日付けベトナム国家銀行(中央銀行)通達第39号/2016/TT-NHNN(3月15日施行)では、企業向けの債務借り替え融資に関し、元の債務が当該銀行からの融資によるものか、他行からの融資によるものかを問わず、禁止すると規定している。
  ただし、与信枠の設定があり、かつ不良債務を抱えていない企業に対しては、「与信枠に基づいた複数回の融資」が認められるが、短期融資(12か月以下)に限定される。
  専門家は「これまで、不良債務を抱えた企業はこの『与信枠に基づいた複数回の融資』を悪用し、不良債務を隠すことができたが、今後はこの通達により、そのような行為を阻止できる」とし、同通達を歓迎している。
  一方、銀行経営者は、「財務状況の健全な企業でも短期的に不良債務を抱えるケースがあるため、不良債務を抱えているがその額が少ない企業についても、『与信枠に基づいた複数回の融資』を認めて欲しい」と述べた。(情報提供:VERAC)

最終更新:2月17日(金)18時42分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース