ここから本文です

日経平均先物は一時100円安から持ち直す、ドル・円の下げ渋り支えに

1月12日(木)19時47分配信 モーニングスター

 日経平均先物は大阪取引所のナイト・セッションで12日終値比変わらずの1万9110円前後で推移している。欧州時間に入って1ドル=114円を割り込んだことから日経平均先物の下げ幅は一時100円に達したが、午後6時ごろからドル・円が下げ渋ったため日経平均先物も持ち直した。欧州の主要株価指数も下げ幅を縮めている。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月12日(木)19時47分

モーニングスター

 

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン