ここから本文です

管理会社からコストのかかる提案が……。どう対応すべき?

1月11日(水)18時22分配信 不動産投資の楽待

(写真© naka-Fotolia)
拡大写真
(写真© naka-Fotolia)
不動産投資関連の著書累計11万部を超す石原博光さんが、読者のお悩みに応える本企画。今回のご相談者の小川恵子さんは、5年前になんの知識もないまま不動産投資をスタートしたという。さて、そのお悩みとは?

小川
「契約だけではうまみがないのか、管理会社から定期的に『シロアリ検査しましょう!』など、コストのかかる提案が頻繁にあります」

石原
「このようなことを話したら怒られるかもしれませんが、シロアリ駆除はだれでも簡単にできます。自分で木部や床下に処理剤をかけるだけで、費用も数千円で済みます。検査だけで30万円もするらしいですが、値段などあってないような世界ですから」

小川
「前の所有者の手により、2009年には外壁工事もしたようですが、塗装はどれくらい持つものでしょうか?」

石原
「例えば、シリコンフッ素加工であれば10年や20年は保ちます。高圧洗浄で外壁の汚れを取り、ケレンで錆を取り、下地を2~3度塗り重ねていくと頑丈な皮膜ができます。このように処理をしっかりやっておいて25年くらい放置したままなんて人もいます。もしも下地処理が適当だったり、それこそ1度塗りだけなら1~2年で剥がれてきて、5年と持たない塗装もありますが、現状に問題がないのであればまだ大丈夫と思います」

小川
「そういうものなんですね!」

管理会社からの提案を全て受け入れてしまうのは少し危険だ。所持物件の状態を常に確認して、適切な工事やリフォームを行うようにしよう。
石原 博光

最終更新:1月11日(水)18時22分

不動産投資の楽待

 

情報提供元(外部サイト)

不動産投資の楽待

不動産投資の楽待

株式会社ファーストロジック

最新記事を毎日更新

実際に不動産投資を行っている投資家の
“失敗談”や“成功談”をはじめ、
不動産投資をするなら必ず抑えておきたい
ノウハウを記事にして毎日配信!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

Yahoo!ニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン