ここから本文です

株初心者でも失敗しない「株主優待」の選び方!「株主優待+配当」で最大20%超の高利回りを得られる、人気の株主優待銘柄も大公開!

1月10日(火)12時10分配信 ダイヤモンド・ザイ

写真:ザイ・オンライン
拡大写真
写真:ザイ・オンライン
 株主優待や配当は会社から株主への利益還元策の一つ。投資家にとっては、値上がり益とは別に得られる株式投資の楽しみとして人気がある。もらい損ねないよう、基本ルールをおさえておこう。

 現在発売中の雑誌『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を掲載!  今回はそのなかから、株初心者必見のおすすめな「株主優待」を紹介します! 

 <<【株入門・第3回】儲かる株の見極め方
 【株入門・第5回】株の割安度がわかる「PER」>>

「株主優待+配当」で利回り5%超の株もある!

 ここでは、株のもう一つの楽しみ「株主優待」について解説しよう。

 株主優待を実施している企業は、上場企業の3社に1社くらいで、徐々に増え続けている。飲食店や買い物で使える優待券や、その会社の自社製品が贈られることが多い。株主優待の情報は、各企業や証券会社のホームページで調べられるほか、Yahoo! ファイナンスなどでも、株主優待情報がまとめて提供されている。

 【関連記事はこちら! 】
⇒優待名人・桐谷さんを直撃! 「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか? 」おすすめは松井、SBI、東海東京の3社! 
⇒【1月の株主優待の内容と優待利回りを調査! 】丸千代山岡家やダイドードリンコなどの定番のほか、女性に人気のアパレルなど、新設銘柄も3銘柄登場! 

 下の表には、比較的少額で投資できて、その投資金額に対してワリのいい優待や配当を出していると人気の会社をピックアップした。

 表の優待・配当利回りというのは、商品券や割引券など金額換算できる優待は金額換算して、それに配当額を合計して、投資金額に対する利回りを計算したもの。5%くらいの利回りになるものも多く、銀行預金などに比べると、利回りの点ではかなり有利なようだ。

 株購入価格
 配当
  株主優待+配当利回り
 権利確定月
 最新の株価
 ジャパンベストレスキューシステム(2453)
 2万600円
 600円
 21.54%
 9月
 【株主優待内容】5000円相当の優待券

 【注目ポイント】カギ・水まわり・ガラス・PCなどの「生活救急車サービス」を展開。優待はその利用券。
 北の達人コーポレーション(2930)
 4万7000円
 950円
 6.36%
 2月
 【株主優待内容】2037円(税込)相当の自社商品(洗濯せっけん)

 【注目ポイント】通信販売で成長を続ける会社・その人気商品が優待に。
 ティア(2485)
 6万2000円
 800円
 ―
 9月
 【株主優待内容】お米3kg

 【注目ポイント】低価格・明朗会計を武器に全国展開で伸びる葬儀社。
 ヤマダ電機(9831)
 6万4000円
 1600円
 7.19%
 3月,9月
 【株主優待内容】500円の優待券を2枚(3月)、4枚(9月)

 【注目ポイント】1000以上の現金による買物ごとに1枚利用可。株主期間により上乗せあり。
 ひらまつ(2764)
 6万8000円
 2000円
 ―
 3月,9月
 【株主優待内容】優待カード(10%割引。3月、9月とも)

 【注目ポイント】展開するレストランで使える。有償フェアへの招待、オンラインでのワイン購入20%割引も。
 松屋(8237)
 10万1000円
 600円
 ―
 2月,8月
 【株主優待内容】買物優待カード(10%割引)

 【注目ポイント】一部除外品有。セール品・食料品・レストラン等は2%割引。2月にもらえる買物優待カードは1年間、8月は半年間有効。
 ※2016年1月調べ。株購入価格、株主優待内容、配当は100株保有の場合。優待・配当利回りは1年で計算。

「株主優待」狙いでも会社の将来性は忘れずにチェック

 優待・配当狙いの投資には注意点が3つある。1つ目は、優待や配当の内容・金額は、今後もずっと維持されるとは限らないということだ。優待や配当はあくまでも会社の利益から分配されるものなので、投資家としては将来性が安定している会社、将来性が明るい会社を選ぶ必要がある。

 そもそも将来性のない会社は株価が値下がりして損してしまうし、そうなると優待や配当も減らされたり、廃止されたりするリスクも高い。そこで、優待や配当狙いの投資でも、業績や将来性は十分に考えて投資しよう。

複数単位を買うなら家族で名義を分ける

 2つ目は、通常、優待内容は保有株数に比例していない、ということだ。そして、最低単位(優待がもらえる最低株数。通常は100株)の保有が利回り的に一番有利であることが多いということも知っておきたい。

 たとえば、ヤマダ電機の優待は、100~400株の範囲では変わりがない。そこで、200株以上保有するなら家族で名義を分けた方がいい。100株の保有者が家族で2人なら、その家族がもらえる優待は2倍になるからだ。

 また、最近は保有期間が長くなると優待内容が増えるケースも出てきた。ヤマダ電機の場合、1年未満の保有だと、100株でもらえる優待は年間で3000円分。ところが2年以上の保有だと、7000円分にアップする。その場合、優待・配当利回りはなんと15・9%にもなる。

権利付き最終日、権利落ち日に注意

 3つ目の注意点は買う日。優待は配当と同じく通常は決算期末や中間期末の時点で株主であることがもらえる条件になる。このように優待や配当の権利が確定する日を権利確定日という。

 ただし、権利確定日に株主名簿に名前が載るためには、その3営業日前までに株を買う必要がある。この、ぎりぎり権利確定日に間に合う日を権利付き最終日という。そして、その翌日(権利確定日の2営業日前)は権利落ち日といい、権利落ち日には株価も下がる傾向がある。そこで、株主優待がもらえなくてもいい場合には、権利付き最終日に株を売ってしまうというのも一つの手だ。

 現在好評発売中の『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、そのほかにも人気の株主優待銘柄を紹介している。『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』や『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』などを参考にしながら、お得な株主優待品をゲットしよう! 

 【関連記事はこちら! 】
■今すぐ株を買いたい人必見! たった1日で口座開設できるネット証券はここだ! 
■優待名人・桐谷さんを直撃! 「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか? 」おすすめは松井、SBI、東海東京の3社! 

 <<【株入門・第3回】儲かる株の見極め方
 【株入門・第5回】株の割安度がわかる「PER」>>

 現在発売中の『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を8つのステップで紹介している。『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』を参考に、これから成長するの見極め方や投資のはじめ方を学んで、2017年こそ株式投資をはじめてみよう! 

 さらに『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』は、「あっという間に得するふるさと納税」、「一生お金に困らない人生設計」、「これから家は買うべき?  借りるべき? 」「10分でわかるFX入門」など、お金にまつわる様々な記事を掲載している。

 『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』は全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

 なお、もっと株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』(ダイヤモンド・ザイ編 1600円+税 ダイヤモンド社)がおすすめ!  全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

 お問い合わせは、「ザイ別冊担当(ダイヤモンド社書籍編集局第1編集部)」まで。
ザイ別冊編集部

最終更新:1月16日(月)10時40分

ダイヤモンド・ザイ

 

情報提供元(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

2月号12月21日

定価730円(税込)

2017年の株・為替の大予測&儲け方公開!
横山光昭さんが確定拠出年金を徹底解説!
割安?割高?人気の500銘柄を激辛診断!
名人・桐谷さん「優待で0円婚活」密着!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン